防犯のためにはインターホンが必須

ひと昔前からマンションにはインターホンがありますが、最近のインターホンの機能の充実には目を見張るものがあります。現代の防犯にかかせないと言っても過言ではありません。カラーの高解像度画像はもちろん、最近注目の機能は、広角レンズを使用した録画機能です。古いインターホンを使っているなら、交換の価値は十分にあります。

注目すべき画質!高解像度画像とカラー画像の特徴を比較

no.1

絶対外せない高解像度画像

あくまで防犯を目的に考えるならの話ですが、やはり画質は重要です。犯罪者はわかっています。高度な防犯を備えた所には最初から入りません。高画質なインターホンがあるだけで、人相などばっちり見られていると思えば怪しい行動などおいそれとはできないものです。事が起こってからではなく、そもそも起こさせないことが重要なのです。

no.2

子供にもわかりやすいカラー画像

画質もそうなのですが、カラーというのも重要です。また、最近は増えてきました。特にインターホンは出るのが自分自身とは限りません。もし、留守番中の子供が出たらどうでしょう。マンションのインターホンなど一度エントランスのオートロックを通ってきているだけに見えにくいと思わず開けてしまわないでしょうか。カラーだと特にお子様の目には認識しやすいのです。

no.3

最近増えてきた録画機能

インターホンを交換するなら録画機能付きが絶対おすすめです。それを前提にしたカラー、高画質でもあります。録画機能があれば、犯罪者への威嚇効果は絶大です。録画、録音されているならば、証拠が残ってしまうため、手を出しにくいと犯罪者に思わせます。

no.4

最近増えてきた広角レンズ

犯罪者はいきなり思い付きで入ってきたりしません。インターホンを押して中の様子を伺うなど普段から下調べをします。その際には顔が映らないようインターホンの横に立って鳴らしたりします。広角レンズであればそのような怪しい行動もすべて録画可能です。

no.5

ここまでやれば完璧。電子ロックに繋ぐ

犯罪者は侵入に時間をかけるのを嫌います。ですので、インターホンと連動して電子ロックがかかると、戦意を喪失させる効果があります。また、電子ロックがあると、ピッキングなどの被害にあったときも警報音がなるなど、犯罪抑止効果が大きいです。

[PR]インターホンの交換を申し込み
作業にすぐとりかかってくれる

[PR]マンションのインターホンを買い替えよう!
セキュリティアップ♪

マンションのインターホン交換でセキュリティ効果アップ

ブザー

インターホンは早く交換しないと代替品がなくなる

インターホンは一般的に10年から15年が寿命と言われています。家電製品と同じく寿命がくると、様々な不具合が発生したり、動かなくなってしまったりするようになります。また、そうなった際の修理ですが、インターホンは製品寿命が短く、次々と新製品が発売されますので、早く交換しないと補修部品がない場合があります。マンションのインターホンの交換などは全軒一度にという場合もありますので、管理組合に聞いてみるといいでしょう。

故障を見極めるためのチェックポイント

インターホンが故障した場合のチェックポイントをご紹介します。
電源が入らない。この場合、電源プラグが抜けていないか、電池が切れていないか確認します。通話はできるが、画面がつかない。画面がぼやける、白濁しているなどはカメラレンズを掃除する、取り換えるなどでなおる場合もあります。画面が完全に真っ暗ということでしたら、配線異常が考えられます。通話ができない、呼出音が鳴らない。まず、ボリュームをまず確認します。次に通話と呼出音どちらかは作動するのか両方だめなのか、チェックしていきます。

早めに交換の依頼をすることで防犯性を高めることができる

インターホンは一般家電製品と同様に製品寿命が短く、高機能、高性能の新製品が次々と発売されます。無償修理期間であれば良いのですが、そうでなければ、修理代も結構かかります。それであれば、新製品と交換してしまう方が次の交換までの製品寿命も長くなりますし、新機能が使えることにより、防犯性能も高まります。また、マンションのインターホンについては、交換時期等管理組合とよく相談されることをお勧めします。

広告募集中